使いやすさ

補聴器4

補聴器にはいつくかの種類が存在しています。 一番一般的に知られているのは、耳にかけるタイプのものでしょう。 これはカラーが色々と取り揃えられているため、パッと見た感じでは補聴器には見え難いという特徴があります。 そのため好きな色のものを、おしゃれ感覚で付けることが出来るのです。 ですので補聴器をつけるのに抵抗がある人や、若年層の難聴の人などに特に好まれる傾向があります。 同じように耳に装着するタイプのもので、耳の穴に入れて使うタイプのものもあるのです。 こうしたものの他には、ポケット型補聴器というものもあります。 これは本体が小型のラジオのような形状になっており、ポケットに入れたり首から下げて使用するタイプのものです。

一言に難聴といっても、原因や症状には様々なものがあります。 しかも同じ原因からくる難聴だったとしても、人それぞれ聞こえ方には差が出てくることも少なくありません。 ですのでそうした原因や聞こえ方によって、補聴器というのは機能を選んで購入することとなります。 そのため機能がより多くついている補聴器ほど、高額になる傾向にあるのです。 例えば耳かけタイプのものの場合、オーソドックスなものですと7万円程度で購入することができます。 しかし難聴の程度に合わせて機能を追加していった場合、30万円前後にまで価格があがるということも少なくないのです。 そうした補聴器の中でも比較的低価格なのはポケット型補聴器となっており、3〜8万円程度で購入することで出来ます。